消化器科について

消化器科のイメージ写真

口から肛門まで全長にして約9mあるとされる管状の臓器の消化管と、消化器系の臓器(胆嚢、肝臓、膵臓など)が診療対象です。

消化器科では、主に消化管や消化管に関連する臓器に潰瘍、腫瘍、結石などの有無、あるいはウイルスや細菌に感染して症状が出ていないかなどを診察します。
また、急な腹痛や吐き気・嘔吐、下痢といった消化器症状を訴える患者さまで、別の消化器系疾患の一症状と考えられる場合は、診断をつけるための詳細な検査として、「腹部エコー検査」、「内視鏡検査」などを行い、原因が何であるかを調べます。

こんな症状の方は、ご相談ください

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化器内科の主な対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症
  • 食道カンジダ症
  • 機能性消化管障害
  • 感染性胃腸炎
  • 急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など)
  • 便秘症
  • 下痢症
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 脂肪肝
  • 急性肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 胆石
  • 胆嚢炎
  • 胆嚢ポリープ
  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝がん
  • 胆嚢がん
  • 膵がん など

当院の内視鏡検査の特徴

内視鏡専門医による安全で精度の高い検査
"日本消化器内視鏡学会専門医"の資格を持つ院長が責任をもって検査を行います。
鎮静剤を使用した苦痛の少ない内視鏡
患者様のご希望に応じて鎮静剤を使用いたします。
うとうとした状態で検査を受けていただくことができるので、苦痛を感じることはほとんどありません。
最新の内視鏡システムによる検査・治療
NBI(狭帯域光観察)を用いることにより、がんの早期発見に努めています。
また、経鼻内視鏡にも対応していますので、経口での検査が苦痛に感じるという方はご相談ください。
日帰り大腸ポリープ切除が可能
検査中にポリープが見つかった場合、必要に応じてその場で切除します。
検査と治療を1度に行うことにより身体的な負担の軽減につながります。
消化器内視鏡技師の資格を有する検査技師が在籍
当院では安心して検査を受けていただけるよう、日本消化器内視鏡学会が行う資格を有した臨床検査技師が検査の介助を行います。
検査について不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
検査機器の徹底した洗浄・滅菌
日本消化器内視鏡学会ガイドラインに準拠した洗浄・消毒を徹底して行っております。
土曜日も対応可能
平日はお忙しい方でも土曜日を利用して検査をお受けいただけます。

各内視鏡検査について