胃カメラ(胃内視鏡検査)とは

胃カメラ(胃内視鏡検査)のイメージ写真

食道、胃、十二指腸などの内部を撮影することで、消化管にあるとされる病変の有無(潰瘍や腫瘍、結石など)を調べることができます。
ビデオスコープの先端には超小型レンズと高解像度のセンサー、照明が搭載されており、内視鏡を鼻あるいは口から挿入することで、胃や食道などの様子を観察ができるようになります。
また、内視鏡は胃内などの様子を観察するだけでなく、医師が必要と判断すれば胃粘膜などの組織を採取して、その後顕微鏡で詳細な検査を行うことも可能です。

このような症状のある方はご相談ください

  • 喉や胸につかえた感じがある
  • 胸焼け、胃の不快感、上腹部が痛む
  • 吐き気、嘔吐、貧血
  • 急激な体重の減少がある
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を患ったことがある
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など

胃カメラ(胃内視鏡検査)で早期発見が可能な病気

  • 逆流性食道炎
  • 食道カンジダ
  • 食道ポリープ
  • 食道がん
  • 胃炎(急性・慢性)
  • 胃潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 十二指腸炎
  • 十二指腸ポリープ
  • 十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症 など

胃カメラの種類

胃内視鏡には鼻から挿入する「経鼻内視鏡」と、口から挿入する「経口内視鏡」の2つのタイプがあります。
当クリニックではどちらも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

経鼻内視鏡

内視鏡を鼻から挿入(内視鏡の外径は5~6mmほど)するので、スコープが舌の付け根に触れずに済みます。
そのため嘔吐反射は少なく、鎮静剤を使用することはほぼありません。また、検査中に医師との会話が可能なので質問することもできます。
吐き気などの苦痛をできるだけ軽減したい方にお勧めですが、鼻腔が狭い方、鼻の違和感などに馴染めない方、鼻に病気がある方につきましては、経口内視鏡による検査を受けていただくことがあります。

経口内視鏡

内視鏡を口から挿入しますので、スコープが舌の付け根に触れ、嘔吐反射が出やすい状態になります。
そのため、セデーション(鎮静剤)を使用することで、意識を少しぼんやりさせるなどして、検査中の負担をできる限り少なくさせます。
なお、経口内視鏡で用いる内視鏡の外径は8~9mm程度と経鼻に比べて太いスコープを使用できるので、より鮮明な画質で胃内などを検査することができます。

検査の流れ

検査予約
  • 医師による診察を行い、検査日を決定します。
  • 検査前に採血や同意書への記入が行われる場合もございます。

※条件によっては当日、胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けることも可能です。
診察の予約はこちらからお取りいただけます。 WEB予約はこちら

検査前日
  • 前日の夕食は早めに済ませ、遅くとも午後9時を過ぎたら食事は控えてください。
    水や服薬については問題ありません。
  • アルコールはできるだけ控えてください。
検査当日
【検査前】
  • 検査が終わるまで食事はしないでください。
  • 喫煙は控えてください(胃液分泌が多くなるため検査しにくくなります)。
  • リラックスして検査が行えるよう、ゆったりとした服装でご来院ください。

胃内視鏡検査

1. 問診後、消泡剤を飲む
胃内にある泡を消泡剤の服用で除去し、観察しやすい状態にします。
2.麻酔を行う
経鼻を選択された方は、挿入する鼻の穴を選択した後、鼻腔(両側の鼻の奥)に麻酔薬を注入します。
経口を選択した方は、咽頭麻酔を行います。
3.検査開始(内視鏡挿入)
検査の際は左側を下にしてベッドで横になります。
経口でセデーション(鎮静剤)を使用する場合は、鎮静剤を注射(投与)して検査開始となります。
4. 食道、胃、十二指腸を観察
食道、胃、十二指腸の内腔を観察し、必要があれば組織を採取(生検)します。
なお、経口内視鏡の検査中に口の中で溜まった唾液は、飲み込まずに口の横から流し出してください。
5. 検査終了
一通り観察を終えたら検査は終了となります。検査時間は個人差がありますが、10分程度です。

検査後の注意点について

検査が終了した後もご注意いただく点がいくつかございます。
当クリニックでは、胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けられる方に以下のことをあらかじめ説明いたします。

  • 検査後1時間程度は飲食を控えてください。とくに経口内視鏡検査を受けた方は、咽頭麻酔が切れるまで(検査終了後1~2時間)は飲食を控えてください。
  • 経鼻内視鏡検査を受けた後は、鼻を強くかまないでください。
  • 鎮静剤を使用した方は、検査当日の車・バイク・自転車などの運転はできません。
  • 組織検査を行った方は、食事は2時間以上経過してからにしてください。
  • 検査後2~3日は、アルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がるようにしてください。
  • 胃カメラ施行時に胃に空気を入れて膨らませるので検査後はお腹が張りますが、次第に楽になりますのでご安心ください。

費用

  1割負担 3割負担
胃カメラ 2,000円前後 5,000円前後
胃カメラ+ピロリ菌検査 2,500円前後 6,000円前後
胃カメラ+病理組織検査 3,000-4,000円前後 9,000-12,000円前後
  • 使用する薬剤や点滴の有無によって費用が前後する場合がございます。
  • 検査前の事前診察代は含まれておりません。

その他、検査についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。