一般内科とは

内科のイメージ写真

一般内科を一口に言いますと、内科全般を診療していく科目です。
具体的には、熱がある、くしゃみ、鼻水・鼻詰まり、咳が出る、喉が痛いといったよく見られる風邪の症状、急な消化器症状(腹痛、吐き気・嘔吐、下痢)など、多くの患者さまによく見られるものから、生活習慣が引き金となって起きる高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、繰り返しの便秘や頭痛などの慢性疾患まで、幅広く診察します。
また、原因不明の体調不良でどこの診療科に通えばよいかわからないという患者さまもお気軽にご相談ください。

原因を突きとめるにあたっては、患者さまの訴えをよく聞くほか、現れている症状をつぶさに観察していきます。
また、診断をつけるにあたり、検査が必要であれば速やかに行うなどして、総合的に判断します。
その結果、治療が必要であれば、主に薬物療法が行われます。
さらに詳細な検査や入院加療を要する場合は、病診連携によってスムーズに地域の専門医療機関をご紹介します。

このような症状はご相談ください

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • 胸痛、圧迫感
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

一般内科の主な対象疾患

急性疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)
  • 尿道・膀胱炎
  • 熱中症 など

慢性疾患

  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風) など)
  • 貧血
  • 頭痛
  • 骨粗しょう症
  • うつ病
  • 不眠症
  • アレルギー疾患(アトピー、花粉症、じんましん)
  • 便秘 など

一般内科でよく見られる疾患

風邪症候群

鼻や喉などの上気道に細菌やウイルスなど様々な病原体が感染することで、それらの部分に炎症が起きている状態を総称して風邪症候群と言います。
主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、せき、痰、頭痛、発熱などで、消化器症状(吐き気・嘔吐、下痢、腹痛など)がみられることもあります。
同疾患の原因の大半はウイルスなので特効薬といったものはありません。
多くは、1週間以内で症状が改善するようになります。

治療に関してですが、ウイルス性のものであれば、安静、水分・栄養補給で自然に治癒するようになります。
ただ症状がひどい場合は対症療法として、解熱剤、鎮咳薬、去痰薬などを用います。
なお、扁桃に細菌感染が疑われる場合は、抗菌薬を投与することもあります。

インフルエンザ

インフルエンザは呼吸器感染症で、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。
人から人への感染力が強く、飛沫感染や接触感染によって感染します。
感染後は1~2日間ほどの潜伏期間を経て発症し、症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。

風邪症候群よりも症状が重いのが特徴で、38℃以上の高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状がみられるほか、咳、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などが現れることもあります。
また小児や高齢者の方、基礎疾患をお持ちの方は重症になりやすく、気管支炎や肺炎を併発するほか、場合によっては脳炎や心不全になることもあります。

当クリニックでは患者さまの訴えや症状から、インフルエンザが疑われる場合は、検査キットによる診断を行います。
結果は15分ほどでわかります。

診断の結果、感染が確認されたら、安静にしながらの対症療法となります。
具体的には、熱や痛みがあれば解熱薬、咳や喉の痛みがある場合は、鎮咳去痰薬や気管支拡張薬などを用います。
また、感染初期なら抗ウイルス薬(タミフルなど)による治療を行うこともあります。

インフルエンザは、あらかじめ感染を防ぐ、あるいは万一発症しても症状を軽くすることが可能なワクチン注射による予防接種があります。
詳細は予防接種のページをご覧ください。予防接種のインフルエンザワクチン