生活習慣病とは

呼吸器のイメージ写真

生活習慣病とは、食生活の乱れ(過食や偏食)、運動不足、嗜好品(タバコやお酒)の過剰摂取など、日頃の不摂生な生活習慣が原因で引き起こされる慢性疾患を総称した呼び名であって疾患名ではありません。
代表的な疾患には、糖尿病、高血圧、脂質異常症などがあります。

これら疾患は、いずれも自覚症状がみられることがほとんどなく、気付かないうちに血管皮内がダメージを受けるなどして、動脈硬化などを進行させてしまいます。
そして自覚症状が現れる頃には、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患などの合併症を引き起こしていたということも見受けられます。

このように生命にも影響しかねない病気ですが、日頃の生活習慣を改善することで予防や改善に努めることができるのも、これら生活習慣病の特徴です。
そのため自覚症状が出る前に速やかに生活習慣を改善されるのも予防対策のひとつです。

なお、予防対策については食事療法や運動療法があり、当クリニックはこれらの管理や日頃の習慣を見直すアドバイスもしています。ご関心のある方は一度ご相談ください。

主な生活習慣病

糖尿病

血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が慢性的に高い状態が糖尿病です。
血糖値は食事や糖分を含んだジュースを飲むなどして上昇しますが、通常なら膵臓から作られるホルモンの一種インスリンが分泌されることで、血糖値の数値は下がるようになります。
しかし糖尿病を発症してしまうと、血糖値を下げる働きをするインスリンが全く分泌されない、もしくは少量しか出ないといった状態になります。これが慢性的に血糖値を高くしてしまうのです。

また、インスリンが出なくなるタイプとして主に2つのケースが考えられていますが、これらが糖尿病の型でもあります。
その型とは、膵臓のβ細胞が自己免疫反応などによって破壊されることでインスリンが全く分泌されなくなる「1型糖尿病」と、日頃の不摂生な生活習慣(過食・偏食、運動不足、喫煙・飲酒 など)が原因でインスリンが少量しか出なくなる「2型糖尿病」です。なお、日本人の全糖尿病患者の95%以上の方が「2型糖尿病」の患者さまです。

糖尿病は、発症しても初期段階では自覚症状(痛みなど)は出にくいです。
ただ、のどが異常に渇く、頻尿、食べていても体重が減るといった症状が現れることもあります。
この状態をそのまま放置すると症状はなくとも常に血管は損傷されているので、動脈硬化を促進させ、細小血管から障害が起きるようになって、やがて糖尿病による合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害 など)、心筋梗塞、脳卒中などを発症するようになるのです。

高血圧

血圧が慢性的に高い状態にある場合、高血圧と診断されます。
具体的には、外来時の血圧測定で最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、最低血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上の場合を言います(日本高血圧学会)。
なお、どちらか一方のみ超えているという場合でも、その対象となります。

高血圧の症状が続くと、心臓から血管へ血液を送るたびにその分大きな負荷を掛け続けることになるので、血管はその圧力に耐えられるようにするため血管壁を厚くしていきます。
このことが動脈硬化を促進させ、そのうち合併症を招くようになり、さらに進行させると脳卒中や心臓病(心筋梗塞、心不全、狭心症 など)、腎臓病といった重病を引き起こすようになるのです。

なお、高血圧には、原因が特定できない「本態性高血圧」と他の病気が原因の「二次性高血圧」に分けられますが、日本人の高血圧患者のうち9割近くが「本態性高血圧」です。
ちなみに本態性では原因不特定となっていますが、遺伝的要因や肥満のほか、過食・偏食、飲酒、ストレス、運動不足、塩分の過剰摂取といった生活習慣が関係していると考えられています。

脂質異常症

LDL(悪玉)コレステロールやトリセグライトなどの中性脂肪が慢性的に高い状態、またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態が脂質異常症です。

そもそもコレステロールは体に必要なものです(細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料)。
しかしこれが過剰になってしまうとLDL(悪玉)コレステロールとなってしまい、血管に蓄積するなどして動脈硬化を誘発するようになります。
さらに進行して蓄積されたものが血管内を狭くさせて血流が悪くなったり血管を詰まらせたりすると心筋梗塞や脳卒中といった病気を引き起こすようになります。
ちなみに発症の原因としては、遺伝、乱れた食生活(偏食、過食)、運動不足などが挙げられています。

なお、脂質異常症も、糖尿病や高血圧と同様に自覚症状がほぼみられません。
そのため健康診断などの血液検査で血中の脂質の値が高いと指摘を受ける、動脈硬化の進行度を確認する検査で発症に気づくといったケースが大半です。
なお脂質異常症と診断される際の具体的な数値は以下の通りです。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL
  • 中性脂肪≧150mg/dL
  • HDLコレステロール値<40mg/dL