呼吸器科とは

呼吸器のイメージ写真

主に呼吸器と呼ばれる気道や肺が診療の対象となります。
気道とは、いわゆる空気の通り道のことで、咽頭、喉頭、気管、気管支などを言います。
当診療科は、これら器官にみられる疾患や症状を中心に診察、検査、治療を行います。
咳が長い間続いている、痰や血痰がやたら出る、呼吸をするのが苦しい、胸痛があるなどの症状に心当たりがあれば、お早めにご受診ください。

何かしらの呼吸器疾患が疑われる場合は、胸部X線検査などの画像診断、呼気CO濃度測定、肺機能検査、血液検査、検痰などを行うなどして、診断をつけるようにします。

以下のような症状がある場合はご相談ください

  • 咳や痰が長く続いている
  • 熱が続いている
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりがいつまでも治まらない
  • 軽い運動でも息切れがする
  • いびきが気になる、呼吸が苦しい
  • 胸部X線で異常な影を指摘された など

呼吸器科でみられる代表的な疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎・扁桃炎
  • 気管支炎
  • 気管支拡張症
  • 肺炎
  • 喘息(気管支喘息)
  • 慢性咳嗽(長引く咳)
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 肺結核
  • 肺気胸
  • アレルギー性鼻炎(花粉症)
  • 肺がん など